検索
  • s-omura1

『居酒屋プレゼンしたら夢が叶った件』8月19日発売!

更新日:8月26日

プレゼンセミナー講師が教える、夢の叶え方。「居酒屋」から、夢を叶える第一歩を踏み出そう!


株式会社みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は、新刊『居酒屋プレゼンしたら夢が叶った件』(著者:石田幸広) を2021年8月19日に発売いたします。


内容紹介

僕らはサバイバル時代を生きていく! ! 生き残りに必要なのは、お金……ではなく夢とプレゼン!?


「居酒屋プレゼン」とは、居酒屋でワイワイしながら夢を語ることが、すでにプレゼンテーションである、 という意味の、著者が新たに提案するメッセージです。



臨床工学技士として、医療業界でさまざまなプレゼンに参加してきた著者が 相手を動かし、自分の夢を叶える「プレゼンの本質」を解き明かします。 今いる場所から、どうやって夢を叶えるのか、 世の中で何が起こっていて、今後どのような状況の中で生きていくのか、 まずは時代背景を把握し、自分の立ち位置を知ることが大切です。 少子化、年金問題、人生100年時代、副業の解禁、そしてコロナ禍。 時代は急激に変化し、もはやこれまでの価値観では対応しきれません。 「仕事がつまらない……」 「毎日、何かが足りない……」 「やりたいことはあるけど、生活が心配……」 こんな風に漠然と不安を抱えた人々にとって、今の時代に必要なのは、 これまでのような誰かの……ではなく、個人の価値観です。 そのカギは実は副業にあります。 「生きるための労働」と別に「やりたいこと」をはじめることで、 将来の不安も、つまらない毎日も変えられるのです。 本書では、「夢」というまだ形にならない想いを、 どう実現していくのか、現実的な方法を知ることができます。 それにはまず「自分の夢を居酒屋プレゼン」することです。 本書を読めば、さっそく「本当は〇〇がやりたいんだよね」と誰かに話したくなるはずです。 【目次】 第1章 現状に満足できない本当の理由と向き合おう 第2章 時代は生き残りをかけたサバイバルゲーム 第3章 プレゼンテーションも夢も、はじまりは「コトの発端」 第4章 夢とプレゼンが結ぶ「影響力の輪」 第5章 「居酒屋プレゼン」からはじまる新たな世界


出版社より

「好きなことで生きていこう」「好きを仕事にしよう」というキャッチフレーズはよく聞くものの、心のどこかでそれは「誰でもできることではない」「才能のある人だからできるんだ」と思っている人は多いはずです。 「やりたいけどできない」そうやって願いや夢を胸にしまっていませんか。 「居酒屋プレゼン」とは、誰でもできる、夢を叶える一歩なのです。


著者プロフィール

石田幸広(いしだ・ゆきひろ) 京都府生まれ。 医療業界で頻繁に行われる学会発表や勉強会のプレゼンテーションが「究極につまらない」ことをきっかけに、 2015年プレゼンを学ぶMedical Presentation Lab.を設立。 120回を超えるセミナーを開催し、累計1500人以上が受講する。 2019年、夢を叶えたい人を応援するため石田プロダクツ合同会社を設立。 2021年、臨床現場の経験をもとに医療機器開発にたずさわり、株式会社木幡計器製作所の取締役に就任する。 全国的にも珍しい、町工場から医工連携を進める臨床工学技士として、新しい取り組みに挑戦中。 広島国際大学保健医療学部臨床工学科卒業、臨床工学技士取得。 臨床工学技士/株式会社木幡計器製作所 取締役 石田プロダクツ合同会社 代表社員


書籍概要

書籍名 :居酒屋プレゼンしたら夢が叶った件 著者  :石田幸広 定価  :本体1650円(税込) 体裁  :四六判/192ページ/ソフトカバー ISBN :978-4-434-29337-5 URL : https://miraipub.jp/books/14030/


直販サイトはこちら

https://www.assigo.biz/izakayapresen

21回の閲覧0件のコメント